2007年03月29日

団塊の世代の学齢期

団塊の世代の学齢期について調べてみました。
以下wikiに掲載されていた記事です。

団塊の世代は、その膨大な人口のため、幼い頃から学校は一学年ふたケタのクラス数であり、教室は50人学級ですし詰め状態で教室不足を招くほどであった。また、その好むと好まざるにかかわらず学校を主な舞台として競争を繰り広げた。
なお、団塊の世代の受験事情と少子化の進む現代の受験事情について、「団塊の世代は受験戦争が激しかった」と評する人もいるが、それは必ずしも適切な評価とはいえない。団塊の世代は人口が多いが高校卒業時の大学進学率は低かった。一方、現代は学生数の割には大学進学率は高いため、競争の激しさを単純比較することはできない。当時の国公立大学の授業料は月額が1,000円で、インフレなどの物価を考慮しても現在の二万円ぐらいの感覚であろう。有名私立大を除いては、概ね国公立大学の競争率が高く、経済的に貧しい学生は地元の国公立大学進学を望む傾向があった。


参考URL
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%A3%E5%A1%8A%E3%81%AE%E4%B8%96%E4%BB%A3



[最新記事]
団塊世代の話と少しそれますが、使える無料のビジネスヒント本
posted by まこ at 16:30 | Comment(0) | その他団塊世代の記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。