2007年03月29日

団塊の世代の青年期

団塊の世代の青年期について調べてみました。
以下wikiに掲載されていた記事です。

地方農村の中学校卒の若者は、高度経済成長後期であり、働き口が豊富だった東京や大阪などの大都市へ集団就職した。彼らは「金の卵」と呼ばれ、工場や商店などで大勢雇われ、日本経済の底を支えた。
青年期、高校から大学へ進学して都市部に集まった若者たちは既存社会への改革心に燃え、その強いハングリー精神と自己主張の強さから、いわゆる学生運動と呼ばれた大学改革やベトナム戦争反対の反体制運動に身を投じた。一部の青年らは全共闘運動などで政府や既成秩序に反発し過激な活動を行った。
しかし、暴力行為に走ったあさま山荘事件や党派の分裂による内ゲバの横行などで反体制組織に対する世間の目が冷たくなると、70年代後半には急速に「しらけ」が進み、ほとんどの若者が学生運動から離れることになる。ごく一部の残った者は孤立、先鋭化し、社会から取り残されていく。
また文化的側面から見ればファッションが浸透し始めた世代であり、男性はジーンズ、女性はミニスカートを好んで装い、レジャーやドライブを好むなど、そのスタイルは現代の若者�!
顕修隆霹廚魴狙�している。


参考URL
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%A3%E5%A1%8A%E3%81%AE%E4%B8%96%E4%BB%A3



[最新記事]
団塊世代の話と少しそれますが、使える無料のビジネスヒント本
posted by まこ at 17:30 | Comment(0) | その他団塊世代の記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。