2007年03月29日

団塊の世代の家庭を持った時期

団塊の世代の家庭を持った時期について調べてみました。
以下wikiに掲載されていた記事です。

団塊の世代が親元から独立して家庭を持つようになると、著しい住宅不足となった。この対策として、大都市の近郊には数多くの核家族向けの近代的な団地が造成された。また、大手企業は福利厚生として集合住宅タイプの社宅を構えた。その周辺に生活物資を売る商店が集まり、衛星都市と呼ばれる中都市ができた。
これによって大都市を取り巻く都市圏は大きく広がり、それに伴う通勤通学のための交通網の整備が急がれ、鉄道の輸送力増強や新線建設、道路の新設や拡張が行われた。都市膨張の時代である。
1971年から1974年にかけて第二次ベビーブームが起きた。第二次ベビーブームに生まれた子どもを団塊ジュニアと呼ぶこともあるが、第二次ベビーブームに生まれた子どもには、団塊以前の世代の親を持つ者も数多くいる。
なお、実際は、第二次ベビーブーム以降に生まれた子どものほうが、第二次ベビーブームに生まれた子どもより、団塊の世代の親を持つ者の比率が高い。これを真性団塊ジュニアと呼ぶ。
結婚し子どもをもうけた後は、ニューファミリー�!
ぢ紊噺討个譟�家庭に対して、それ以前の家父長的な価値観を持つ世代とは違う自由な価値観を持っているとされた。
1986年〜1991年のバブル景気の時代は40歳前後の働き盛りとして社会の中核を担っており、企業戦士として過労死した者もいる。


参考URL
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%A3%E5%A1%8A%E3%81%AE%E4%B8%96%E4%BB%A3



[最新記事]
団塊世代の話と少しそれますが、使える無料のビジネスヒント本
posted by まこ at 18:30 | Comment(0) | その他団塊世代の記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。