2007年03月29日

団塊の世代の定年退職期[3]

団塊の世代の定年退職期[3]について調べてみました。
以下wikiに掲載されていた記事です。

2007年から2010年にかけて、団塊の世代が一斉に定年退職をするため、年金制度をはじめとして、社会に大きな影響をもたらすことが予想されている。一斉大量退職によるベテラン職員不足を回避し、技能継承のため、定年延長、再雇用等で乗り切ろうとする企業がある一方、彼らの蓄えた技術や能力、人脈を自社で生かすべく、団塊の世代の人材を獲得しようとする企業も現れている。こうした、この世代が及ぼす多大な影響は、2007年問題と呼ばれる。 この問題への対策として、団塊の世代が長年にわたり蓄積してきた知識や技能を、いかに後進に伝承するかが、企業内部にとどまらず、社会全体の課題となっている。 ただ、彼らが社会人として組織で生き残り出世するために、自身の経験やノウハウを自分の中で「閉じ込める」方法を選んできたこともあり、経験の伝承を実現することは容易ではないとされる。 しかし、組織として知識や技術の伝承を進めさせるための配慮を検討しなければ、彼らの莫大な財産が生かされないことになってしまう。
退職後の団塊世代には、以下�!
傍鵑欧覦嫐�から、社会から寄せられる期待も大きい。
消費活動の主体として
退職給付等による一時的消費や、健康で旺盛な消費意欲に期待を寄せるむきもある。 ただ、言葉選びにはかつてシルバービジネスで「自分はまだまだシルバーではない」というシルバー世代の反発を受けて市場化に失敗したことから慎重である。「エルダー」(年長者・先輩という意味)と呼ぶものもあるが、日本語としては定着しているとはいえない。「シニア」は、シルバーよりは若い印象を受けるものの、それのみでは、一線から退いたという疎外感がどうしても払拭できないことから「ネオ・シニア」と呼んだり、あるいは活動的な側面を強調し(ないしは期待し)「アクティブシニア」と呼んでいる。 逆に、2006年の紳士服専門店のアオキによるフタタのTOBに関連して、団塊の世代の退職により紳士服、特にスーツ市場が縮小することを予想した戦略ではないかといわれた。
地域の担い手として
2005年頃から近年各地の地方自治体で団塊の世代を呼び込もうとする動きが盛んになってきた。島根県で県知事名で約2万人の出身者等を対象に帰郷を呼びかける手紙を送ったのがニュースになっ�!
拭�このほか北海道においても移住促進活動が盛んに行われ、東京圏�!
剖瓩ぐ饐
觚�では「いばらき さとやま生活」として東京圏と茨城県北地域との二地域居住などのライフスタイルを提案している。 国でも二地域居住が進むのではないかとみている。


参考URL
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%A3%E5%A1%8A%E3%81%AE%E4%B8%96%E4%BB%A3



[最新記事]
団塊世代の話と少しそれますが、使える無料のビジネスヒント本
posted by まこ at 20:30 | Comment(0) | その他団塊世代の記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。