2007年03月29日

団塊の世代の高齢化社会の高齢世代として

団塊の世代の高齢化社会の高齢世代としてについて調べてみました。
以下wikiに掲載されていた記事です。

団塊のこの世代が、2012年頃には年金受給世代となり、その約10年後にはやがて好むと好まざるに係わらず一定の部分は社会的入院や要介護者になる。そして加齢とともにその比率は高まっていく。つまり「支えられる」世代になるのである。その影響は人数が多い分、後の「支える」世代にとって軽視できないほど大きくなっている。支える側から支えられる側、年金を払う側から受け取る側に回り、日本経済にとって重しになるという見方である。そのため、1990年代から年金問題は発生まで時限性を持った社会問題となり、たびたび改革案が提示された。結果的に給付額の削減と納付額の引き上げ、支給開始時期の先送りが行なわれることとなった。このため団塊の世代の中には、逃げ水のように去っていく年金支給への不満から戦前・戦中の世代よりも損をしているという感覚が広がっている。また、団塊の世代以後の世代は、この世代を支える負担を自分たちが背負わなくてはいけないという不満が広がり、併せて世代間闘争の様相をみせている。


参考URL!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%A3%E5%A1%8A%E3%81%AE%E4%B8%96%E4%BB%A3



[最新記事]
団塊世代の話と少しそれますが、使える無料のビジネスヒント本
posted by まこ at 23:29 | Comment(0) | その他団塊世代の記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。