2006年04月20日

団塊世代2007年問題に向けての退職者再雇用

団塊世代2007年問題についての記事があったのでご紹介します。
「ファイナンシャルプランナーのニュースチェック」さんのページで
団塊の大量退職目前、製造業が技能伝承を加速、
という記事がありました。

団塊世代2007年問題については過去に掲載しましたが
(過去記事「団塊世代2007年問題とは?」)

記事によりますと、鉄鋼、機械、電機など製造業各社が
ベテランから若手への技能・技術の伝承を加速するため
石川島播磨重工業は定年退職者を再雇用して専任教官にするというものです。

本来、再雇用する前に技術継承をするのが望ましいのでしょうが
現場で仕事をしていると、現場で技術を若い人に教えるということは
なかなかできませんものね。

他の会社でも、団塊世代2007年問題に向けて
定年退職者を再雇用する動きが今後見られるのではないでしょうか。

参考URL
http://blog.goo.ne.jp/ibarakiisuzu/e/104265f274734808d268736dc24996ae

[最新記事]
団塊世代の話と少しそれますが、使える無料のビジネスヒント本
posted by まこ at 16:24 | Comment(4) | 団塊世代2007年問題
この記事へのコメント
団塊の本当の問題は、いわゆるホワイトカラー中間管理職にあると思います。

団塊でも経営レベルにまで到達した人は、退職は延長されますし、経営の経験は貴重ですからその後も社会貢献をしながら自己実現することができます。伝承する技術を持つ技能者も必要とされます。

一方、一番多い(まさに「塊」の)課長・部長クラスでかつ伝承する技術も無いホワイトカラーは厄介です。
企業社会からは基本的に必要とされていないが、本人は「経験」を生かして働き続けたい・一方企業からすると65歳定年という社会的要請もあり「安く雇えるなら・・」ということで雇ってしまう。どうしても自分が課長・部長時代の癖が抜けないし日本的慣習で下の者も気をつかってしまい企業活動にはネガティブな影響さえ出てしまう・・・

今、団塊団塊と声高に言われていますが、少なくともそこから10年後の世代を考える必要があります。団塊は年金も出ますし、そうやって再雇用されて当面気が済むかもしれませんが、その「重し」の下でホワイトカラー中間管理職となった今の40代の世代は悲惨です。企業はますます効率化され競争が激化していきますから、ポストはどんどん減っていきますし、その世代が退職する頃には経営の経験や技術が無いと本当に再就職は難しくなるでしょう、また、年金も極めて厳しい状況が予想されます。
この世代のことを考えると、社会は団塊を「元気だし・・・」ということでとりあえず受け皿にはめて良しとするのではなく、将来を見据えた施策が必要と思います。

私は団塊は企業での経験を地域社会などでの非営利活動に生かすべきだと思います。
営利活動は世代の若返り促進で競争力を高めて貰い、非営利活動分野で第二の人生で自己実現してみてはどうでしょうか?

もっとも、「まだまだ若い者には任せられない」とか「自分は若いから」とか頭が固くなっている御仁が多いので国と産業界が一致団結して何か制度化しないと実現できそうにないですが・・・

Posted by デコ at 2006年07月18日 10:25
デコさん、初めまして。
コメントありがとうございます。
コメント拝見しましたが、ホワイトカラー中間管理職についてや
経営レベルまでいったことがある再雇用についてなど、
納得させられるご意見でした。

また、非営利活動として、その経験を生かすというのはとてもよいことですよね。
非営利活動となると、ある程度、家庭や、金銭的な面(それと個人のやる気ですよね)など
余裕がないとできないとは思うのですが
そのような余裕があれば、ぜひ行なって欲しいですし
別の部分(非営利・営利問わず)手をとりあって新たに事業を起すこともできそうですよね。

今後ともよろしくお願い致します。
Posted by まこ at 2006年07月18日 12:40
まこさま、こんにちは。

非営利活動といってもボランティアではなくて、例えばNPOなどであれば、その活動がいかに社会に役立つかを理路整然とまとめて企業などからお金を集めてきたり、ホワイトカラーが活躍できる場面はたくさんあると思います。

良くも悪くも企業に職業人生を捧げてきた世代でありますので、自らその場所から積極的に離れることは難しいでしょうから、やはり社会からの後押しが必要なのかと思います。

何か否定的な側面で語られることの多いこの問題ですが、日本が国家としても成長より成熟を迎えている時代ですから、成熟した大人の国づくりに貢献という文脈で前向きな捉え方をしていきたいですね。

またよろしくお願いします。
Posted by デコ at 2006年07月18日 15:41
デコさん、こんにちは。
確かに非営利団体でも、ボランティア以外の活動で
NPOというものがありましたね。
私自身、かなり前ですがNPOの立ち上げに協力していたことがあって
実際に資金繰りなどについて少し触れていたことがありました。

確かにおっしゃるように、団塊世代というと否定的なイメージがありますけれど
プラス要素はあると思うのですよね。
一度第一線を退いた後、同じ意思を持つ方が集まるようなコミュニティがあって
そこで新たな上記のような団体を立ち上げたりするのも良いと思いますし
デコさんがおっしゃるように、前向きな捉え方をしていきたいですよね。
Posted by まこ at 2006年07月19日 13:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。