2006年06月22日

団塊世代の男性が自分のために宝石を買う?

団塊世代関係の記事で面白い記事を見つけたのでご紹介しようと思います。

「定年起業」応援日記さんの「団塊世代の男性“ちょいモテ”狙い!?」という記事がありました。

記事によりますと
バブル期にピークを迎え、崩壊後13年縮小し続けていたジュエリー市場が
2005年、ようやく歯止めがかかり、前年に比べ2.1%増の1兆2677億円となったそうです。

金額が大きすぎて、実感がわからないのですがさらに読み進めてみますと
基本的な増加理由は30代女性が自分へのご褒美として
ジュエリーを購入する額と件数が増えたためであり、
他の理由としては、ミニ株バブルで収入が増えたニューリッチ層が
高額なインポートブランドやハイジュエリーなど100万円以上の商品を
続々購入したことも挙げられ、
30代後半から団塊世代の男性が、自分のために高額なジュエリーを購入する例が増えているそうです。

男性のためのジュエリーにも、プラチナ台に豪華なカットのダイヤモンドを
セッティングした160万円台のものまで登場。ちょいモテオヤジを狙っているのか、
男性の“モテ系”意識も定着してきているようです。

意外ですね。
女性の為に、男性が宝石を買うというのはわかりますが
男性が自分のために宝石を買うなんて。

団塊世代の趣味に、お金が流れることを予想して、旅行業界やその他趣味分野では
団塊世代を狙ったパッケージなどを用意しているのは知っていましたが
宝石業界も男性が自分のために宝石を買うということに目をつけていたのですね。

URL
http://blog.goo.ne.jp/trendnavi/e/81807063e6280a57c313dbb00a5f4528

2006年04月20日

楽器屋さんに団塊世代のお客さんが増える

今、団塊の世代の方が楽器屋さんに団塊の世代の方のお客さんが増えているそうです。
「しんたろ日記」さんの団塊の世代と音楽、という記事で知りました。

記事によりますと、NHK「クローズアップ現代」で特集が組まれており
団塊の世代の人々がこれから余暇を楽しむために、
若い頃に熱中してた音楽などに燃えてるという内容のようです。

私も学生のとき、形だけエレキギターを触っていたことがあったのですが
若い頃にあまりできなかった楽器演奏やバンドなどを楽しもうと
楽器店に、団塊の世代の方が多く訪れているようです。

こういうのってありますよね。
何かしらの理由で、自分ができなかったこと(旅行とかもそうでしょう)を
時間とお金の余裕ができたからこそ、やろうと趣味に没頭した
そんな気持ち、理解できる気がします。

URL
http://blog.goo.ne.jp/leo-shintaro/e/c2e5e764f9acba5dc6e67ad42b1ba092

2010年の団塊世代の金融資産額

団塊世代の方が2010年になったときは
全員の方が60歳以上になるわけですが
その時の金融資産の試算が掲載されていました。

具体的な額は74兆8千億円だそうです。

また、この世代より3歳上の世代は
50兆5千億円と大幅に下がるようです。

すべての方が生活にゆとりがあるとは限らないでしょうけれど
こういう報道なり記事があるからこそ
団塊世代の方に経済活性化が注目されているのでしょうね。

URL
http://www12.ocn.ne.jp/~bamboo-i/sub11b.html

団塊世代の貯蓄総額

団塊世代の貯蓄額という記事がありました。

以前、団塊世代の経済効果と退職金という記事を書きましたが
(過去記事「団塊世代の経済効果と退職金」)
団塊世代の貯蓄額の合計は51兆円になるそうです。
ただし、データとしては2000年のときのものなので少し古いです。

日本の個人貯蓄総額の6.2%を示しており、
2010年には、退職金の受け取りなどで72兆円、
個人貯蓄総額の8.5%になると予想されているそうです。

URL
http://www12.ocn.ne.jp/~bamboo-i/sub11b.html

2006年04月17日

団塊世代と地方自治

団塊世代と地方自治というページがあったのでご紹介します。

こちらのページでは団塊世代の背景などから始まり、
生涯純受益額という指標について焦点をあてています。

年金、医療、教育など一生の間に得る公的な給付から、税金、年金や医療の保険料など
公的負担を差し引いたもので
現在の制度を前提に政府がはじいた試算では、60歳以上の世代は5700万円となり、
一方、20歳代は1300万円、19歳以下となると4200万円の負担超過、
団塊の世代が属する50歳代はわずかながらプラスになる計算だそうで
今のままだと、若い人たちは負担の重さにつぶれてしまう可能性がある一方、

地方自治は、地方自治が確立する可能性があり
逆にこの団塊世代を待っていた、というような内容の記事を掲載されています。

URL
http://www.asahi-net.or.jp/~hm9k-ajm/tihoujiti/jitinosikumi/zyuuminn/dannkainosedai/dannkainosedai.htm

2006年04月14日

団塊世代の求人・執事喫茶?

おひさまファームさんのページでとても面白い記事を紹介されていました。
その名も執事喫茶

「メイド喫茶」は秋葉原ではやっているようですが(行った事ありませんが)
「執事喫茶」というのは初めて聞きました。

朝日新聞の記事で発見されたそうです。
記事によりますと



「お嬢様、お帰りなさいませ」。
赤いじゅうたんにシャンデリア。「お屋敷」と呼ばれる店内で、
客は「お嬢様」として「執事」役から軽食を振る舞われる。
時間は80分で「お出かけの時間です」が退店の合図。

あまりの人気に執事役が不足し、「60歳以上大歓迎」と
シルバー人材を急募している。



とのこと。

おひさまファームさんのページでも
団塊の世代に対する、新たなニーズは発生した模様であると書かれていましたが
面白いことを考えられている企業の方も多いのですね。

URL
http://blog.goo.ne.jp/ohisama-farm/e/077d43ceb20b65d55631f25839dae85b

団塊世代の経済効果と退職金

「市川稔の米(マイ)情報」さんのページで
団塊世代の経済効果と退職金について掲載されていたので
ご紹介しようと思います。

2007年〜2010年にかけた団塊世代の退職者の退職金は
30兆円とも試算されているそうです。
また団塊世代の方による経済効果は15兆円とも報道されているそうです。

http://blog.goo.ne.jp/irb1214/e/bd3df8012407f9be7a21606823d3f573

団塊の世代の大学院入学を推進する動き

「団塊の世代の大学院入学」という記事がありました。
「時枝武の世間!」さんのサイトで紹介されていますが
団塊の世代の大学院入学を推進する動きがあるそうです。

働いてきた経験を後続世代に伝えるためということです。
何故大学院でなければいけないのか、という理由はわかりませんでしたが
何かしらの技術継承の手段となればよいですね。

URL
http://blog.livedoor.jp/tokieda_seken/archives/50583691.html

2006年04月07日

団塊世代と日本的雇用制度

団塊世代と日本的雇用制度という記事がありました。
岐阜県産業経済研究センターによる
情報誌「岐阜を考える」1999年記念号の記事のようです。

団塊世代がどのようなものか、
第一次ベビーブーム世代などの経済に与えた影響や
終身雇用、年功賃金などの日本的雇用制度の変化などが書かれています。

見出しとしては

・年功賃金制度は 「ねずみ講型賃金制度」 だったのか? 「ねずみ講型賃金制度」 と年功賃金崩壊論
・年齢構成が若いと人件費は安いか
・適職探しの場としての企業
・年功賃金と能力主義
・インセンティブモデルと業績給
・団塊の世代と賃金

などが掲載されています。
ちょっと難しい記事もありますが、読み応えのあるページです。

http://www.gpc.pref.gifu.jp/infomag/gifu/100/8-ootake.html

2005年11月24日

団塊リサーチ 「団塊夫婦の定年意識」に関する調査

団塊リサーチ「団塊夫婦の定年意識」に関する調査
という記事がありました。
2004年9月の記事で博報堂エルダービジネス推進室というところのリサーチらしいのですが
85%の団塊夫が「定年が楽しみ」、40%の妻は「憂うつ」という
統計がでているようです。

定年後のイメージの夫婦の違いが明らかに
夫は「のんびり・気まま」が理想、
妻は夫に「活動的に・交流して」欲しい
という統計もでているようですが、
旦那さんが今まで働いてきたのですから、
「夫の定年が憂うつ」という妻の気持ちは、旦那さんもつらいですよね。

もっとも、収入面の問題や、今まで仕事にいた旦那さんが家にいることで
奥さんのストレスがたまり、結果として病気になったというのも
TVで特集されていたのを見たことがありましたが、難しいところです。

URL
http://www.hakuhodo.co.jp/news/2004/20040908_0.html

団塊世代の退職と日本経済に関する研究会

財務総合政策研究所というところで
「団塊世代の退職と日本経済に関する研究会について」
というページがありました。

研究会実施目的が掲載されていたのですが、
団塊世代の多くが定年退職を迎えることにより、労働市場における労働供給減少するため、
影響の試算、検証を行い、それに対する対応策やわが国の経済社会の在り方について議論を行うという会のようです。

URL
http://www.mof.go.jp/jouhou/soken/kenkyu/zk068.htm